雨の日は憎くき蚊の針を抜いて楽しもう!

野遊びが好きで夏は休みの度にテントと炊飯道具をを担いでキャンプに出掛けます。基本ソロキャンプ。

日の出とともに行動開始して日が暮れる前に夕食を終え、きれいな夕暮れを見ながら寝袋に入るパターン。

でもたまに天気が崩れて一日中テントの中で過ごすこともあります。そんな時は寝っ転がって好きな文庫本をひたすら読む。

そんな天候待ちが長引いてくると読む物も無くなり、寝て過ごすのも寝すぎで目が冴え、退屈に押しつぶされそうになることがあります。

夏なので野外は蚊の天国。テントもちゃんと虫よけスクリーンを閉めて過ごしますが、雨の中蚊たちも雨宿りにスクリーンに張り付いてきます。

そんな蚊たちを見ていたら網目の間からしきりに針を差し込んで吸血の体勢を取っている。試しにその針をつまんで引っ張ったら根元からきれいに抜けました。

当のかはビックして針を失った状態で飛んでゆきます。テントの中は自分の呼気で二酸化炭素が充満しているので蚊はどんどんやってきます。

面白くて針抜きに没頭していたらいつの間にか手元に針の小山が。百本くらいにはなったでしょうか。

以来夏のテントの雨宿りは蚊の針抜きで暇をつぶすようになりました。