さつまいものきんとき。パイナップル入り。

近所に住んでいた町工場の奥さんがさつまいものきんときをくれました。

中にはカットしたパイナップルが入っています。

鮮やかな黄色で栗きんとんのよう。

なせこんなに黄色いの?

奥さんに聞いてみた。

作り方を教えてもらいました。

さつまいもの皮をピーラーで残さずキレイにむく。

さつまいもの芽を一つ残さずキレイに取る。

実は芽がポイントなのよ、ちょっとでも残っていると色が悪くなるのよ。

奥さんが説明します。

蒸し器でおいもを蒸し、パイナップルの缶詰めを用意。

潰したさつまいもの中に缶詰めのパイナップルをカットして投入。

砂糖を好みで入れて、パイナップル缶のシロップを入れて混ぜる。

冷まして出来上がり。

シロップを入れてあるのでなめらかなきんときです。

砂糖は微調整、甘いのが大好きな奥さんは砂糖はいつも多いです。

お孫さんが大好きで食べたいとリクエストがあると、お作りになります。

我が家も甘党で、おすそわけしてくれました。

栗きんとんはあまり食べないのに、奥さんのきんときは特別でした。

パイナップル入りだからスィーツ感覚です。

子供の頃の懐かしい味です。

今度、作ってみようよと母に話しますが、微妙に違う。

やっぱり奥さんにはかないません。

お正月に作って出してもいいんじゃない、栗きんとんの代わりに。

我が家では無器用ながら母と一緒に作っていて、甘さは控え目です。

ちゃんとパイナップルが入っている。

カロリー高めなので、食べ過ぎに注意して下さい。